Google vs. SEO

検索ランキングのアルゴリズム変更について思うこと

Googleが「日本語検索の品質向上にむけて」というタイトルで、検索ランキングのアルゴリズムの変更を発表し、話題になっている。

長い間、GoogleのアルゴリズムとSEOは、いたちごっこの関係にある。

SEOという概念が広まり始めた頃には、テクニックに走り過ぎた対策を行っているウェブサイトも多かった。中には、SEO用のテキストを見えないように隠してhtmlソースに記述しておくなどという呆れた手法も見かけたものだ。

さらに言うと、CSSを使って文字要素を隠せるようになる以前には、白い背景に白い文字でキーワードを表示するという、今となっては信じられないほど幼稚な方法さえ使われていた。

検索エンジンのロボットを騙すテクニックを競っていたとも言えるだろう。それもあって、当時のSEO業者には、胡散臭いイメージも少なからずあった。

本来なら検索エンジンは、使う人が求めている情報を、さっと表示するものであって欲しい。

ところが、検索エンジンは、歪んだSEOが行われることによって、ある程度の情報リテラシーを持っていないと使いこなせないものになってしまうのだ。

少し前には、検索上位に表示されるのはサテライトサイトばかりだった。Googleがアルゴリズムを変更したのを機にサテライトサイトは消えていったが、その後に現れたのが、コピーコンテンツ中心のキュレーションサイトだ。

出典元にリンクされているのは良い方で、もはやどれがオリジナルだかわからない、全く同じ記事があちこちに掲載されている状態。

インターネットという開かれたメディアで、著作権に固執し過ぎるのもどうかと思うが、そもそもインターネットは、パブリックとプライベートの境界が曖昧で、著作権に関する意識が低くなりがちなのだ。

だからこそ、企業は良識を持って一般の人たちを牽引していく必要がある。

そんな中で、Googleが「低品質なサイト」への対策をすると発表したことは好ましい。

検索のアルゴリズムがより洗練されたものになるに従って、SEOはロボットを騙すようなものではなく、もっともっと本質的になっていくだろう。

コンテンツそのものの質を問う「コンテンツSEO」の時代になると言われながら、テクニックのSEOも無くならないのが現状だが、近い将来、人工知能の発達によって、ロボットを騙すようなSEOは効力を失い、必要なくなるだろう。

人工知能が発達して「これがあなたの欲しい情報ですね」と的確に提供できるようになるのと、インターネットを使う人間の良識が成熟するのと。果たしてどちらが早いだろうか?